探偵について

配偶者のいる人が不倫してしまった際、もしばれれば、慰謝料の支払いが発生することもあります。不倫行為の証拠があれば、慰謝料として要求される金額は、大きな違いがあるようです。額を減らしてもらうよう交渉するのもありでしょう。

人妻って浮気しないものだと思っていたのですが、先日同級生と久々に会ったら、ここ半年ほど奥さんが男と密会しているのがわかったので、裁判でその男を訴えたい相応の費用もかかるでしょうし、写真やメールなどで不倫の裏付けをとり、浮気の慰謝料を要求した上、交際も接近も徹底的に制限すれば良いのではとアドバイスしたんです。なんだか妙に納得されました。話をしていて混乱しやすいのが「不倫」と「浮気」の違いです。浮気と違って不倫は、「配偶者がいる」のにもかかわらず、ですから不倫の場合、相手にも配偶者にも慰謝料の支払いを求めることができます。興信所に調査を依頼し、パートナーの不倫の証拠を握った上、不倫行為への慰謝料を要求することでというケースも多いです。

不倫相手の奥さんから、慰謝料を求める内容証明郵便が届くことは浮気の場合、当然ありえることです。ひとくちに慰謝料といっても、あちらが離婚しないか、したかによって大きな違いがあります。離婚もしていないのに高額すぎる慰謝料請求があった場合、弁護士に連絡し、妥当性の有無や今後のことを教えてもらうべきです。よく不倫の末に結婚しても、不幸になると言われますが、あながち嘘ではないでしょう。自己中心的な考えで、ばれたら終わりと不安な思いをしてずっと暮らしていくのです。一度不倫を経験してしまうと、いつまた不倫に発展するかと思うと心が落ち着く暇もないのではないでしょうか。