探偵について

不倫された事実に気づいたときは、やはり頭に血がのぼってしまうかもしれません。徐々に落ち着きを取り戻してきたら、その不貞行為へどう対処するかを考えるべきです。浮気はどう言い訳しようと、裁判での離婚理由にもなる「不貞行為」なのですから、気持ちの上では埋め合わせをすることはできないでしょうけれど、心労や今後の生活上の不都合に対する慰謝料

不倫と浮気は同じように会話の中では使われますが、実は違いがあります。いわゆる不倫というのは、男女双方か片方に配偶者がいることが絶対条件で、婚姻関係にあるのに他者と体の関係を持つことを指します。こうした「不倫」の場合、不倫関係をもった当事者たちに賠償を請求することが可能です。先回りして探偵に依頼してパートナーの不倫の証拠を握った上、慰謝料請求を送りつけることで不倫関係を一気に解消させるというケースも多いです。婚姻中に不貞行為があったために離婚話がうまく進まず、ついに家庭裁判所のお世話になることもしばしばあります。とはいえ、調停の場では調停委員という人たちがついて当事者のみではもつれがちなことでも、解決に向けて進展しやすい点で頼もしいシステムです。普段どおりのあなたのままで大丈夫です。

子供のいる親が離婚する時は、不倫していた親のほうは倫理的に言うとそうかもしれません。ただ、裁判所は違う考え方をします。基本的に親権というのは、子供と生活上きちんと接しているか(同居が前提)や、育児への関与等に重点を置いて判断します。つまりは、子が健やかに育つのに適した状況かどうかがカギなのです。