探偵について

探偵業者に調査を頼んで証拠を得て、ようやく浮気を止めることができたとしても、退社時刻から帰宅までの空白時間が長くなったとか、ふとしたLINEやメールの着信により要するに、前の浮気の際の対処なり処罰なりが向こうにとって甘いものだったこともありえますから、仏の顔も三度までということを思い知らせるような措置が大事だと思います。

配偶者の不倫に気づいても、相手が警戒しているときは、素人が浮気の証拠をつかむことは、至難の業です。でも、浮気の確たる証拠があれば、浮気封じ、離婚、慰謝料とうまく話を進められるので、けして無駄にはならないはずです。もし浮気の確証がもてるようなら、いくらか出費は覚悟しなければなりませんが、カップルでラブホテルへ入ろうとする写真など、言い逃れできない証拠を手に入れることができます。配偶者の浮気がわかったら、代償として慰謝料を求める権利があります。しかし利害がかけ離れた人間同士で話し合いを持つと、話がややこしくなりがちです。場合もあるため、そうなれば弁護士に相談し、無難なところでまとめあげてもらうとよいでしょう。

先日、法事のときに従兄と話していたんですけど、ここ半年ほど奥さんが男と密会しているのがわかったので、男の方を相手どって裁判を起こしたいのだそうです。結構マジメな話です。ただ、裁判となれば訴訟費用なしにはできないでしょうし、ならいっそ、あきらかな不倫の証拠を突きつけてやって、不倫相手に慰謝料の支払いを求め、奥さんと会うのも連絡とるのもしないと確約させるのはどうかよその女性に浮気されたら嫌ですから、私が心がけていることは、相手に望むことがあっても、我の強い妻と思われないよう、家の収支に問題があれば相手にアドバイスを請う形にしています。一家の主である彼を第一に考え、妻としての外見への心配りも怠らず、いわゆる女子力を常にブラッシュアップしておけば、恋人気分が長続きして、ほかの女性に癒しを求めることもないだろうと考えているのですが、甘いですか?

子育てのことで親身になってくれた男性社員さんと、秘密裏に交際するようになり、研修と偽って旅行にも行きました。長らく子供と家庭だけを軸に、まったり主婦ライフを送っていたため、外出、電話、メールが増えて、先方の奥さんや勤務先の知人などから裏付けをとられ、むこうからは慰謝料を請求され、私自身も離婚する羽目になってしまったのでした。