探偵について

いくら探偵であろうと、結果が出ない(出せない)ケースも存在します。よくあるのは、配偶者の浮気の証拠が欲しいという依頼で、相手にその事実がなかった場合などです。とはいっても、探偵の調査が浅かったために自分が選んだ探偵業者の方針や利用者評価等をあらかじめチェックしておくことはとても大事なことです。ことも納得の秘訣だと思います。

いざ不倫調査を探偵に依頼したあと、むこうが気付くのではないかと不安になるかもしれません。探偵はそれを仕事にしているのですから、相手に露見するようなことは、ほとんどないと思っていいでしょう。とはいえ盲点もあって、浮気調査を依頼したあと、依頼者の態度が普段と変わってしまい、気付かれてしまったという事例もあります。最低でも調査終了までは、何事もないような様子で過ごすことが大事です。

書式は一定ではないようです。もし裁判等で使う際は、どんなものでも証拠採用されるとは限りませんから、元々の調査がしっかりしていて記載の要領も良い報告書でなければ価値がないわけです。そこまで考えていない人でも、これからどうするかを想像して、しなければなりません。自分にとって良い探偵社を見つけようと思ったら、地域の専門性で選ぶのも手です。相手が都内の人ならその区や沿線に事務所のある業者に限って探してみると良いでしょう。調査を進めやすく、高精度な報告ができるでしょう。調査内容いかんでは得意、不得意の差が出ることですから、まず、ネットで情報を集めて、ウェブ経由か電話で話をして確認しましょう。

ホームズやポアロは別として、探偵といえば、たいがいの人はひたひたと尾行する姿を想像するようです。対象にそれと悟られないよう移動を共にし、調査が発覚したというケースは極めて稀ですが、探偵は調査対象者の行動をある程度、予測しておかなければなりません。予想しえないことに備えて動くのが、「ごく普通の探偵」の業務です。探偵社の評価を確かめもせず契約してしまうと、金銭的にも時間的にも大きな犠牲を強いられることがあります。詳しい話をきいてみるつもりで営業所を訪れたのに、精神的に負担になることを言って契約をとろうという会社は注意したほうがよいでしょう。帰宅したあとに、誠実な探偵業者は依頼人が不快に思うような行動はとらないですからね。