探偵について

これから探偵を雇うつもりでいたら、一般的な調査費用の相場というものを知らないと、意外に高額で、「騙されてる?」と思った人もいるそうです。なにせ、2時間で2万円台あたりを予想している行動調査の時間を増やせば、自分が払ってもよい上限値というのを定めておくといいでしょう。

普通の仕事への対価と比べると、探偵を使って浮気調査をする際の費用は高いように思う人が多いようです。ただ、安さで依頼したところで浮気調査の成果そのものが得られなかったり、追加料金が発生しては、結局のところ大事なのは、探偵社の調査力の高さです。しかし、身内からの指摘で主人の浮気の疑いが濃厚になったので、友人宅のPCを借りて探偵社を探してみたのですが、思っていたより多くの会社があるようで驚きました。比較のために何社か連絡してみたのですが、こちらの気持ちをよく理解してくれた調査を頼んで、結果を待ちました。覚悟していたとはいえ、決定的な証拠を目の前にすると、頭の奥がスーッと冷えました。

探偵調査業を始めようと思うなら、特に資格や免許などは求められません。とはいえ、探偵業法(平成19年6月施行)に基づき、少なくとも探偵業を始める前日までに、営業所の管轄となる警察署経由で、届出書を公安委員会に提出したあと、「探偵業届出証明書」を交付してもらい、許可を取り付けることだけは省略できません。安全のためには無認可の探偵社は選ばないことです。探偵や興信所の調査員になるには特殊な資格は不要です。ただ、浮気調査ひとつとっても、現場で最大限の成果をあげるためには、スキルがしっかり身についているレベルにまで達していなければなりません。スタッフの育成に余念がない会社もありますが、ひどいところではマニュアルをさらったぐらいのアルバイトが現場に配置されていることもないわけではなく、気をつけなければなりません。価格に見合った技能を持った探偵が調査することが結果を出す近道です。一般の人が思っている以上に、探偵業者の数は多いでしょう。探すのに迷ったら、人気や評価を参考にしてみてください。興信所や探偵社の評判を見ることができます。好評価を得ている探偵を見つけて、そこで話を聞いてもらえれば、少なくとも悪い仕事はしないはずですし、不倫の証拠を押さえてくれることでしょう。

安い探偵なんて使わないほうがマシと言う人がいます。おそらくそれは少し昔の話でしょう。近頃はネットユーザーが格段に増えましたから、きちんと仕事をしてくれる探偵業者なのかどうかはブログや掲示板などを見ればかなり詳細に分かるようになりました。安すぎる業者を選んで失敗する例もある一方、高いばかりで品質が伴わないところに浮気調査を依頼してもバカを見るだけですから、実力と料金のつり合いがとれた会社を見つける手間を惜しまないことが大切です。