探偵について

探偵業者を選ぶなら、あらかじめクチコミ等を調べておくことを強くお勧めします。評価が低いところでは、高額な追加料金が上乗せされたり、一定以上の評価を得ている業者なら、割高な請求の心配もありませんし、肝心の浮気調査の裏付けなども、きちんと行なってくれるでしょう。自分と調査相手の情報を伝えなければ、探偵に不倫調査を依頼することはできないので、調査員というにはあまりにも未熟すぎる能力と意識のせいで、となる危険性も考えなければいけません。あとになってガッカリすることがないように、信頼するに足る会社に依頼するようにしましょう。

調査会社が探偵業務で使用する道具というと、以前は発信機でしたが、近年は精度の高くなったGPSに取って代わり、古い無線発信機に頼っていた頃と比較すると調査対象の追跡性能がアップしました。最新のGPSは正確性で検索速度も高いため、地下駐車場など通信困難な場所でない限り、車両を発見することは簡単になりました。追尾の成功率はグンと上がるのです。興信所の仕事と聞いて、対象にそれと悟られないよう状況を報告したり、裏付けをとったりする作業です。調査していることがバレることはほとんどありませんが、探偵は調査対象者の行動をある程度、見越しておく必要があります。予想しえないことに備えて動くのが、「ごく普通の探偵」の業務です。広告は見るものの、探偵を頼むことはあまりないですよね。そんなわけで、パートナーの浮気調査をしてほしいと思っても、「ここがいい」なんてアテがないのが当然です。探偵業務を行うには、所轄の公安に届け出を出し、申請が認可されると認可番号が交付されます。届出をした正規事業者であるかはこの番号で分かるというものです。ですから広告や看板、ホームページ等に届出番号を明記しているかどうかは確認しておかなければいけません。

いざ不倫調査を探偵に依頼したあと、調査がバレやしないかと緊張してしまう人は少なくないようです。探偵というのは相応の技能と経験を持つプロフェッショナルですから、相手に露見するようなことは、極めて少ないといっていいでしょう。でも、「探偵を雇った」という事実で緊張のあまり態度がぎこちなくなってしまったせいで、相手のガードがかたくなり、うまく証拠を押さえられないこともあります。報告書を入手するまでの辛抱だと思い、いつもと同じように生活するようにしましょう。