探偵について

私たちがドラマなどで見覚えたようなやり方で相手の尾行はお手のものですし、張り込みもします。相手の行きつけの場所や時間を割り出し、必要があれば周囲に聞き込みなどをして、それでいて怪しまれない方法を身につけています。業者によっては、社外の人間には違法ではないけれど極秘の調査手段がないわけではなく、頼まれてもお答えできないとのことでした。探偵がしている仕事(行動)として、大抵の人が尾行を連想するのではないでしょうか。密偵という言葉があるように、相手に気づかれずに行動を見守り、依頼人の求める証拠を見つける調査です。調査が発覚したというケースは極めて稀ですが、追跡する側はターゲットの行動を先読みして予測しなければいけません。予想外や不意の事態に素早く的確な対処をするのが、探偵の仕事です。

身内からの指摘で主人の浮気の疑いが濃厚になったので、友人宅のPCを借りて探偵社を探してみたのですが、出るわ出るわ、自社サイトを持っているところって意外と多いんですね。安いところでいいやと思ったのですが、2社のうち、応対が優れていて値段も高くない会社に調査を頼んで、結果を待ちました。しばらくして報告書を受け取ったのですが、あれだけの証拠を目の当たりにすると、さすがに落ち込みました。過去には安い探偵というのは使い物にならないと言われていた時期もあります。手抜きをしたってお客にはわからないからです。近頃はネットユーザーが格段に増えましたから、劣悪な業者かどうかもお金を出し渋ってスカを掴まされるのも論外ですが、料金が高いばかりで凡庸なクオリティといった業者をわざわざ使うような無駄も避けたいものです。費用対効果がきちんとある会社を見つけ出すしかないのです。興信所や探偵社などを経営する際は、資格や免許はこれといって不要です。ただ、業務の適正化と個人の保護のために施行された「探偵業法」に則り、業務開始前日までにその地域の警察署に赴き、探偵業開始届出書と添付書類(誓約書も含む)を公安委員会に提出した後、公安委員会の朱印と届出番号いりの「探偵業届出証明書」の交付を受け、認可された会社(個人も可)になることが開業の大前提となります。

悪質な探偵業者であることを見抜けずに利用すると、お金を無駄にするだけで済まないこともあります。話をしに行っただけで過度に不安を煽ったり、契約を急かすようなところは注意したほうがよいでしょう。再三にわたり電話をかけてくるのは悪質な業者の常套手段といえるでしょう。まともな探偵社や興信所であれば、まず行わないようなことでも平気でしてくるのです。